探偵事務所に依頼するほうが良い

不倫調査は自分で行う事もできますが、裁判で使える証拠が手に入るかどうかはまた別の話になってきますね。
素人では知識不足のために違法行為や、証拠欲しさに過激な行動をとれば、それが犯罪行為になって、これを知ったターゲットはこれを口実に逆に訴えてくる、ということも十二分に考えられます。
知識をそろえる上に、カメラの技術、尾行の技術も必要になってきますし、調査時間もかなりかかるので働いているのであれば仕事を辞めなければならないでしょう。
仕事も辞めて、知識もカメラも技術も揃えたが、シャッターチャンスに巡り合えなかったために調査は失敗、ターゲットは行方をくらますという最悪の事態も考えられます。
そんなのめんどくさいし、あまりにリスキーですので、最初から探偵事務所に依頼するほうが良いですね。
多少お金はかかりますが、こちらの手間などを考えれば天秤を傾けることはそこまで難しくはないはずです。
悪質な事務所でなければ、料金以上の働きを発揮してくれるでしょう。事務所選びはくれぐれも慎重に。
このページをご覧になっているのであれば、まずどこから見ればよいかわからないかもしれません。
そういう時は、とりあえず料金システムや不倫調査をすることによって得られる利益などを最初にご覧になると良いかと思います。

張り込み調査のよくある失敗例

探偵はよく調査の際に張り込みを行います。
事前に情報収集をし、不貞行為に及ぼうとする二人の待ち合わせ場所や、ターゲットの自宅の前で張り込むことが多いです。
張り込み調査のよくある失敗例として、周辺住民が警察に通報してしまうことが挙げられます。
通報された場合は、自分は探偵で張り込みの最中だと説明しても問題ありませんが、
絶対に依頼主様・ターゲットが誰であるかを言ってはいけません。
何より重要なのは、周辺住民に怪しまれないようにすることです。
もう一つ代表的な失敗例があります。
明らかに張り込んでいるとわかるような仕方で調査をするせいで、ターゲットに気が付かれてしまうケースです。
ターゲットの行動パターンや自宅での浮気の証拠を手に入れるために張り込みをするのに、
それがターゲットにばれてしまっては、張り込んでいる意味がありません。
ターゲットも何も考えずに浮気をしているわけではありません。浮気調査にはある程度警戒しています。
自宅での不貞行為の場合、ターゲットは警戒心をますます強めていますので、中途半端な張り込みでは気がつかれやすいです。
張り込みがばれてしまう理由としては、以下のものがあります。

  • いつも同じような格好をしている
  • 常に周囲に注意を向けている
  • 同じ場所、同じ時間に長時間いる
  • 不審な行動をとっている
  • 頻繁に写真を撮っているのを目撃される

一流の探偵ならこのようなミスをすることはありませんが、新人の探偵にはありがちなミスです。
探偵会社に調査を依頼する際は、守秘義務を徹底しているところを選ぶようにしましょう。
探偵が警察に通報された際に、依頼主の名前を口にするようなことがあれば、とんでもないことになるからです。
やはり、評判が良く実績のある探偵会社を選ぶに越したことはありません。
一流の探偵会社とそうでない探偵会社は、張り込み調査一つにしても全然出来が違います。